旧ソ連の「宇宙」ブローチ
200x18.png

1930年代からはじまった、宇宙開拓の歴史を描いた旧ソ連の古い「バッジ」を修理加工。
世界初の偉業は数多くあり、たとえば、大陸間弾道ミサイル(1957年)、人工衛星(1957年/スプートニク1号)、宇宙へ行った動物(1957年/ライカ)、有人宇宙飛行(1961年/ユーリイ・ガガーリン)、人工惑星(1959年/ルナ1号)、月面衝突(1959年/ルナ2号)、月面着陸(1966年/ルナ9号)、宇宙ステーション(1971年/サリュート1号)、火星着陸(1973年/マルス3号)。


[country]ソ連/Soviet
[year]1970-80年代
[material]バッジの9割以上はアルミニウム製。真鍮、スチール、プラスチックなども。
[process]仕立て直しの工程は4つ。
     1)メガネ用超音波機で「洗浄
     2)電動工具で金具を「切削
     3)新しい金具に「交換
     4)表面を透明樹脂で「保護塗装

1